ブタのプラセンタの成分の特徴は?

成長因子を含む成分であるプラセンタは、美容に有効だとされていますね。肌のハリ艶から基礎代謝の向上、自己治癒力の向上など、アンチエイジングには欠かせない要素が豊富に含まれています。

サプリメントや化粧品などに含まれるプラセンタは、馬や豚の胎盤から作られていて、豚は低価格で手に入りやすいプラセンタという特徴があります。

豚は年に2度妊娠出産が可能で、さらに一度の妊娠出産で10頭程度子豚ができます。必然的に採取できるプラセンタも多くなり、低価格でプラセンタを手に入れることが出来るのです。消費者にとって価格は非常に重要なポイントです。

特にサプリや化粧品であれば、一度飲んだりつけたりするだけでは意味がありません。

継続する事がとても大切なので価格が抑えられるというのは重要ですね。ただし、含まれるアミノ酸の量などが馬プラセンタに比べて少ないとされ、有効成分も馬の方が上だとされています。

さらに、豚はアレルギー源になる可能性が高く、摂取したことでアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあるのです。出費を抑えてプラセンタに挑戦したい時には豚由来がおススメですが、安いにはそれなりの理由がありますので、きちんと理解して利用してみましょう。

標準